ご相談は無料です!まずはお気軽にお電話から

022-392-3112 営業時間 9:00〜18:00
フォームからの
お問合せはこちらから

Q&Aよくある質問

よくあるご質問、無料高齢者向け施設相談室について

1ヶ月の費用はどれくらいかかるの?

月額費用
施設の居住費(家賃)+管理費+生活サービス費+共益費
これらを合計したものが月額費用となります。居室の光熱水費は、共益費や管理費に含まれる場合と、別途支払いとなる場合があるので確認が必要です。その他、介護保険料、医療費が必要に応じてかかります。

施設種類について教えてください。

有料老人ホーム
民間企業、社会福祉法人、医療法人などによる運営。自立生活者から要支援・要介護の方まで対象は幅広いことが特徴です。施設ごとに行っている医療や介護等のサービスも様々です。
該当施設:介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホーム
高齢者住宅
バリアフリーや見守りをはじめ、高齢者が安心して暮らすことに配慮した住まい。基本的には自立生活者を入居対象としているため、介護レベルが上がった場合には住み続けられないデメリットもあります。
該当施設:サービス付き高齢者向け住宅、高齢者専用賃貸住宅、高齢者向け優良賃貸住宅、シニアマンション、高齢者対応賃貸住宅
グループホーム
医師から認知症の診断を受けた高齢者のみが入居することができます。専門知識を持ったスタッフのサポートを受けながら、共同して生活を営みます。
軽費老人ホーム
身寄りがない、あるいは家庭の事情などで家族と同居するのが困難な高齢者が対象です。在宅の介護サービスを利用することで、生活可能な方が対象です。食事の有無による区分(A型・B型)のほか、完全個室のケアハウスの3種類があります。
該当施設:軽費老人ホーム、ケアハウス
介護保険施設
社会福祉法人や地方自治体によって運営される特別養護老人ホームは、要介護3以上の高齢者が入居対象です。低価格が特長であるものの、競争率が高く入居までの時間がかなりかかりがちです。介護老人保健施設はリハビリを経ての自宅復帰を目的とした施設であり、通常3カ月程度で退所の運びとなります。介護療養型医療施設は医療設備が充実した施設ですが、今後、廃止が決まっています。 該当施設:特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設

職員体制はどのようになっていますか?

職員体制は施設種別によって基準が違います。例えば、介護付有料老人ホームは直接処遇職員(介護員・看護師)が入居者数に対し3:1が基準になっております。

夫婦二人で入居できる施設はありますか?

ご夫婦部屋を設けている施設もございます。

申し込みから入居までの期間はどのくらいかかりますか?

施設によって入居できるまでの期間は違ってきます。入居までの流れとしては見学⇨入居申し込み⇨健康診断書作成⇨面談(実態調査)⇨ご契約⇨ご入金⇨ご入居となります。
期間としては概ね2週間が一般的ですが、状況によって変わる場合がございます。急ぎでの対応をしていただける施設もございます。

看取りを行っている施設はありますか?

看取りを行なっている施設もあります。
施設の種別や職員体制によって受け入れ状況も変わってきます。

認知症状がありますが、施設に入居出来ますか?

認知症になっても、それを理由として老人ホームや高齢者住宅の入居を断られることは それほど多くありません。要介護認定を受けている高齢者の方は、認知症を患っている場合も多いからです。
もちろん、症状の程度によってどこまでの方を受け入れるかは、各施設によって異なります。しかし、共同生活を営むのに支障がない程度の症状(軽度の徘徊など)であれば、受け入れを認める施設が大半です。しかし、その後に症状が進行し、周囲の人に危害を加える危険性が高まった場合は、重度認知症に対応できる施設への転居を余儀なくされることとなります。

相談が無料って本当ですか?

入居のご相談者からは、一切費用をいただくことはありません。最初のご相談から施設紹介、見学同行、ご検討時のアドバイスなど、入居に至るまでのすべてのサポートをすべて無料でおこなっています。

他の紹介会社と違いはありますか?

当事業所は介護経験豊富な相談が対応をいたします。現場での経験、ケアマネジャーとしての支援者の経験、施設運営の経験がございます。ご入居者様、ご家族様、支援者様の立場・状況を理解し適切な支援を行うことができます。

ご相談は無料です!
まずはお気軽にお電話から

022-392-3112 営業時間 9:00〜18:00
フォームからのお問い合わせは
こちらから